【最新版】おすすめのマッチングアプリ25選

【要注意】マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴7選|解決策,おすすめの出会い方も

本記事で分かること
  • マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴は面倒くさがり
  • マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策は別のアプリを使ってみる
  • マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリ
  • マッチングアプリが向いてない/苦手な人におすすめの出会い方は友達の紹介

Ryo

こんにちは! 恋愛メディア「Polaris(ポラリス)」編集部のRyoです。

ここではマッチングアプリが向いてない/苦手な人についてお話しします。

マッチングアプリを使ってみたけれど、自分には向いてないなとか、苦手だなと感じたことはありませんか?

はい。

私の性格ではマッチングアプリで出会うのは難しいのかなと不安になったことがあります。

アイ

Ryo

向いてないと思うと、せっかく出会いを求めていてもネガティブな気持ちになってしまいますよね。

そこで本記事では、マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴について解説します。

併せて、マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策についても紹介します。

この記事を読めば、マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴や、マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策についても知ることができます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事を書いた人

Ryo


大学卒業後、新卒でメディア運営の会社に入社。1年間の社会人生活を送った後、恋愛メディア「Polaris(ポラリス)」を立ち上げ、編集長に就任。仕事の傍ら、マッチングアプリ、婚活・恋活パーティー、合コン等、あらゆる出会いの手段を利用し、デートしてきた女性の数は300人を超える。

マッチングアプリに向いてない/苦手な人は一定数いる

マッチングアプリが向いてない/苦手な人っているんですか?

アイ

Ryo

マッチングアプリが向いてない/苦手な人は一定数います。

出会いの機会がない理由は、職業柄、生活スタイル、コロナ禍など人によって様々ですが、マッチングアプリはどんな人でも平等に出会うチャンスのあるツールとして現在急速に普及しています。

しかし新しいツールだからこそ、不慣れで苦手さを感じたり、向いてないと悩むことも。

現実社会では到底知り合うことのできない膨大な数の異性とマッチングする機会はありますが、人間関係の下地のない相手とのやり取りに戸惑ってしまう人もいますよね。

Ryo

マッチングアプリについても、向いてないと悩んでいる自分自身についても、しっかり理解する必要がありますね。

 

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴7選

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴ってありますか?

アイ

Ryo

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴は以下の7つです。

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴7選
  • 特徴①:面倒くさがり
  • 特徴②:マメに連絡を取るのが苦手
  • 特徴③:警戒心が強すぎる
  • 特徴④:相手を信じやすい
  • 特徴⑤:顔写真を載せるのに抵抗がある
  • 特徴⑥:複数の人と同時にやりとりするのが苦手
  • 特徴⑦:相手に合わせて行動しがち

Ryo

ではひとつずつ解説していきますね!

 

特徴①:面倒くさがり

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴1つ目は、面倒くさがりです。

せっかくマッチングしたはいいものの、初対面の異性とデートするのにはそれなりに心的負担を感じる人もいます。

恋人はほしいけれども、会ったことない異性と会うとなるとどんなデートプランを立てたらいいのか、どんなファッションで行こうか、どんな話をしたらいいのか…などと考えているうちに、だんだん面倒になってしまうようです。

根気強くない人、誰かと過ごすより自分の時間を送るほうが好きという人などはマッチングアプリは向いていないようです。

Ryo

マッチングアプリが向いてない人は、友人との約束もその日が近づいてくると億劫になってしまう人タイプの人が多いかもしれません。

 

特徴②:マメに連絡を取るのが苦手

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴2つ目は、マメに連絡を取るのが苦手です。

マッチングアプリは、まずはメッセージのやり取りから始まります。

相手のことについて質問したり、自分の情報について適度に開示したり、「おはよう」「今何してる?」などの何気ないやりとりを繰り返すことでデートに繋がるので、とにかくマメに連絡を取る必要があるのです。

そのため、普段からマメに連絡を取る習慣がなかったり、レスポンスの遅い人は向いていないかもしれません。

Ryo

真面目過ぎる人はすべてのやり取りに一生懸命になってしまって、連絡を取ること自体に疲れてしまうこともありますから向いてないと思われます。

 

特徴③:警戒心が強すぎる

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴3つ目は、警戒心が強すぎるです。

マッチングアプリでは誰もがまずはプロフィールを吟味するものですが、まれにプロフィールを偽装することによるトラブルが垣間見られますし、マッチングアプリという出会いの場を悪用した勧誘なども一部では横行しています。

このように全くリスクがないわけではありませんが、大多数は本気で出会いを求めている人が占めています。

しかし、危険を事前に回避しようという本能が強い人にとって、マッチングアプリはやはり未知の領域すぎるかもしれませんから、向いてないと感じるのでしょう。

Ryo

警戒心が強い男性は一途だとか、警戒心がなさすぎる女性は軽くて敬遠されるので適度に警戒心を持っている女性の方がよいとも言われていますから、ほどほどの警戒心を備えて臨むのがベストかもしれませんよ。

 

特徴④:相手を信じやすい

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴4つ目は、相手を信じやすいです。

2000年代前半に流行した出会い系サイトとは違い、マッチングアプリは運営によって管理されているため一定の安全性が確保されています。

とはいえ、一部には業者によるビジネス勧誘、宗教勧誘、遊び目的、ストーカー化するユーザーなどがおり、リスクが全くないわけではありません。

そのことを十分に考慮して利用することが重要となりますが、相手を疑うことが苦手で悪質なユーザーの餌食となりかねないような人は、マッチングアプリでの出会いは向いてないでしょう。

Ryo

相手を信じる純粋な気持ちを踏みにじられるようなことは許されませんが、マッチングアプリでの出会いでは、一歩引いて冷静に相手との付き合いを考えることも必要です。それができない人は向いてないです。

 

特徴⑤:顔写真を載せるのに抵抗がある

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴5つ目は、顔写真を載せるのに抵抗があるです。

「自分の顔に自信がない…」「顔写真を悪用されたらどうしよう…」「知り合いに見られたら恥ずかしい…」など、マッチングアプリの登録の際に顔写真を載せることをためらって、顔の一部を隠したり、加工したり、自分以外の写真を使用する人もいるでしょう。

しかしマッチングアプリによっては、顔写真がしっかり写っていないと審査ではじかれてしまうものもありますし、やはり相手を探すときに重きを置くポイントは顔写真です。

マッチングアプリにはプロフィール記載もありますが、やはりマッチングするときの大きなきっかけは顔写真になるので、顔写真を載せることが苦手な人はマッチングアプリは向いていないでしょう。

Ryo

向いてる向いてないを抜きにしても、ネットリテラシーの観点からすると慎重になることも必要ですよね。安全性の保証されたマッチングアプリであることを確認してから顔写真を載せましょう。

 

特徴⑥:複数の人と同時にやり取りするのが苦手

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴6つ目は、複数の人と同時にやり取りするのが苦手です。

マッチングアプリでは、一度に複数人の人からメッセージが届き、同時進行でメッセージのやり取りをすることもあります。

前回どんなメッセージのやり取りをしたか?や、相手にちなんだ話題でメッセージのやり取りをする場合には相手がどんな人だったか?など、細かく把握しておくことが向いてないと混乱してしまうことでしょう。

本命が確定するまで、複数人とそつなくやり取りするタフさがない人には向いてないかもしれませんね。

Ryo

マルチタスクをこなすことが苦手な人は、マッチングアプリは向いていないかもしれません。

 

特徴⑦:相手に合わせて行動しがち

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴7つ目は、相手に合わせて行動しがちです。

人にはそれぞれペースがあり、本来ならばお互いのペースをすり合わせてお付き合いしていくことがベストです。

しかし必要以上に気を遣いすぎて、相手に合わせて行動しがちな人は、ハイペースで疲労が蓄積するため確実にうまくいくかないでしょうから向いてないといえます。

メッセージひとつ送るのにも相手の感覚に敏感過ぎる人は、心がすり減ってしまいそうです。

Ryo

自分本位すぎるのも考え物ですが、相手に振り回されてばかりなのもよくないですよ。余計に向いてないという悩みの種が増えそう。

 

\経験豊富なアドバイザーが担当!/

>>恋愛の悩みを解決するには<<

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策ってありますか?

アイ

Ryo

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策は以下の5つです。

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策
  • 解決策①:プロフィール文/写真を変えてみる
  • 解決策②:別のアプリを使ってみる
  • 解決策③:スペックを少し盛る
  • 解決策④:とにかく数をこなしてみる
  • 解決策⑤:自分を変える勇気を出す

Ryo

ではひとつずつ解説していきますね!

 

解決策①:プロフィール文/写真を変えてみる

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策1つ目は、プロフィール文/写真を変えてみるです。

向いてない/苦手だという感情がプロフィール文にもにじみ出ている可能性があります。

向いてない/苦手だと感じる自分から心機一転、プロフール文/写真を変えてみるのもひとつの手です。

顔写真も加工や隠しを入れたものではなく、自然体のあなたらしさが伝わるものに変えてみるのも良いかもしれませんね。

Ryo

プロフィール文/写真を自分で考えたり選ぶのが難しいときは、友人など信頼できる人に相談してみると、向いてない/苦手だと感じている自分から脱皮する思わぬヒントをもらえるかもしれませんよ。

 

解決策②:別のアプリを使ってみる

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策2つ目は、別のアプリを使ってみるです。

マッチングアプリは、20代向けや30~40代向け熟年向けなどの年代別、恋活や婚活、再婚向けなどのニーズ別、マイノリティ向け、アッパー層向けなど、様々なコンセプトをもって運営されており、その数はなんと100を超えています。

マッチングアプリが向いてない、苦手だと感じているのは、自分のニーズがアプリのコンセプトとマッチしていないことが理由という可能性もあります。

マッチングアプリが向いてない、苦手だと感じる人は、自分に合っていそうなアプリを調べてみて改めて登録してみるといいでしょう。

Ryo

複数のアプリを同時進行で使っている人も多いようです。向いてないと思うのなら、向いてるアプリに巡り合うまでいくつかためしてみては?

 

解決策③:スペックを少し盛る

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策3つ目は、スペックを少し盛るです。

向いてないとしても苦手でも、何よりもまずはマッチングしなければ何も始まらないものです。

大前提として、年齢や職業など後々事実と違うことが発覚するのが確実な部分は盛ってはいけませんが、年収や身長、なんかはほんの少し高めに申告していても特に大きな影響はないでしょうし、特技のレベルも少し盛ってみてもいいかもしれません。

その少しの差でマッチング率が上がり、たくさんの異性と知り合うことができる可能性が高まるでしょう。

Ryo

あくまでも向いてない自分を鼓舞するために「少し盛る」のです。盛大なウソはつかないようにしましょう。

 

解決策④:とにかく数をこなしてみる

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策4つ目は、とにかく数をこなしてみるです。

何においても、経験が豊富であることは自信に繋がります。

初めから「この人と必ず恋人に…!」と気負いするのではなく、練習のつもりでメッセージのやり取りをしたりデートをしてみることで、だんだんとペースやノウハウを掴んでくることでしょう。

マッチングアプリが向いてない、苦手だと感じている人は、まずはフラットな気持ちでいろんな人と関わってみましょう。

Ryo

向いてないならこうすればよい…と傾向と対策を講じることで、いざというときに実力を発揮できるでしょう。

 

解決策⑤:自分を変える勇気を出す

マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策5つ目は、自分を変える勇気を出すです。

マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴を7つ紹介しましたが、自己分析をすることで自分がどのタイプか分かれば、気をつけるべきことや対策も見えてくるでしょう。

向いてないし苦手だと、できない理由を並べ立てるだけでは、なんの解決にもなりません。

マッチングアプリが向いてない、苦手だという人は、自分を変える勇気をもって一歩踏み出してみましょう。

Ryo

向いてないとうだうだしている人より、変わろうと一生懸命な人の方が魅力的に感じられますよ。頑張りましょう!

 

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリってありますか?

アイ

Ryo

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリは以下の3つです。

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリ
  • アプリ①:ペアーズ
  • アプリ②:マリッシュ
  • アプリ③:knew(ニュー)

Ryo

ではひとつずつ解説していきますね!

 

アプリ①:ペアーズ

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリ1つ目は、ペアーズです。

ペアーズは、公的証明書による本人確認が必須ですが、実名が表示されることやLINEなどの利用情報が投稿されることもなく、個人情報のセキュリティは万全です。

24時間365日オペレーターが常駐しており、セーフティーセンターで厳重に管理されています。

マッチングアプリが向いてない/苦手だと感じる人でも、安心して使用することが出来るのです。

Ryo

異性のプロフィールの閲覧は無料、プロフィールを見るだけなら相手に自分の情報を公開する必要はないので、向いてない/苦手だという理由が「抵抗感がある」「警戒心が強い人」というにもおすすめです。

 

アプリ②:マリッシュ

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリ2つ目は、マリッシュです。

マリッシュも、身分証明書による年齢確認、ニックネーム制、24時間365日のサポート・監視体制を徹底しています。

また、連絡先を交換せずにビデオ通話が可能なので、マメなメッセージのやり取りが苦手な人には手っ取り早くてもってこいですし、お相手の様子が分かるので怪しい人と直接会う前に回避することもできるでしょう。

マッチングアプリが向いてない/苦手だと感じる人の弱点をフォローしてくれるアプリといえそうです。

Ryo

シングルマザー/シングルファーザーの再婚を応援しているアプリで、再婚希望の人には様々な特典がありますよ。マッチングアプリが向いてない人へのサポートも厚いです。

 

アプリ③:knew(ニュー)

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめのマッチングアプリ3つ目は、knew(ニュー)です。

knew(ニュー)は、まるで「親友からの紹介」のような提案型のマッチングアプリと謳われています。

自分の情報や相手への希望に関する質問に答えて待っているだけで、厳選したお相手を紹介してもらうことが出来るのです。

いいねやメッセージを送る必要もなく、個人が特定できる情報や顔写真は公開されないので、マッチングアプリが向いてない/苦手だと感じている人にもハードルが低く、チャレンジしやすいマッチングアプリといえます。

Ryo

審査体制も厳格ですし、運営は東証プライム上場企業ですので、マッチングアプリが向いてない人にとって安心材料が多いマッチングアプリです。

 

\経験豊富なアドバイザーが担当!/

>>恋愛の悩みを解決するには<<

マッチングアプリが向いてない/苦手な人におすすめの出会い方

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方ってありますか?

アイ

Ryo

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方は以下の5つです。

マッチングアプリが向いてない/苦手な人におすすめの出会い方
  • 出会い方①:婚活パーティー/街コン
  • 出会い方②:友達の紹介
  • 出会い方③:結婚相談所
  • 出会い方④:サークルに参加する
  • 出会い方⑤:SNSでアプローチする

Ryo

ではひとつずつ解説していきますね!

 

出会い方①:婚活パーティー/街コン

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方1つ目は、婚活パーティー/街コンです。

マッチングアプリは現実社会では出会うことのできない数の異性とマッチングするチャンスはありますが、直接会うまでに時間がかかることや、多少のリスクをはらんでいます。

婚活パーティー/街コンは、初めから直接顔を合わせて話をしたり食事をしたりすることで、相手の雰囲気や人となりを把握しやすいというメリットがあります。

また、主催者や他の参加者も同席する場での出会いなので、警戒心が強い人でも安心して参加することが出来るでしょうから、マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめです。

Ryo

マッチングアプリが向いてない人でも、友達と一緒に参加したりできますから、グループでの交際から始めることもできますよね

 

出会い方②:友達の紹介

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方2つ目は、友達の紹介です。

出会い方においてはいにしえの手段ですが、最も確実といえるのが友人の紹介ですよね。

あなたのこともお相手のことも熟知している友人の紹介であれば、お互いのスペックや素性を探り合うなどの余計な手間も省けます。

マッチングアプリに対して抵抗感があり、向いてないな、苦手だなと感じる人は、信頼する友人から紹介してもらうことが安全性も高く、受け入れやすいでしょう。

Ryo

お金もかかりませんし、なんでも友人に相談できることもメリットの1つですから、マッチングアプリが向いてない人は友人にお願いしてみるといいでしょう。

 

出会い方③:結婚相談所

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方3つ目は、結婚相談所です。

結婚相談所では、会員に結婚してもらうことを重きに置いている場合が多く、引き合わせ、交際から結婚に至るまでのフォローなども含めたサービスを受けることが出来ます。

自ら相手のプロフィールを吟味したりすることもありませんし、お相手の紹介、日時調整、相談などもすべて相談所のコンシェルジュが請け負ってくれます。

マッチングアプリが向いてない/苦手だと感じる人は、プロのサポートを受けてみるのもいいかもしれません。

Ryo

入会金など費用は掛かりますが、一定の基準を満たしていないと入会できない仕組みになっていますので、好条件の相手と出会うことができますよ。マッチングアプリが向いてない人も、コンシェルジュのバックアップを受ければ希望が見えてくるかもしれません。

 

出会い方④:サークルに参加する

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方4つ目は、サークルに参加するです。

年代別、趣味別の社会人サークルは全国で盛んに開催されています。

同じ趣味を共有できる相手ですし、友人の延長線上からの交際という王道パターンを辿ることができるでしょう。

紹介や婚活パーティー/街コンにもない、自然な出会いを求めている人にはもってこいの出会い方ですね。

Ryo

食べ歩き、アウトドア、サブカルチャーなど、サークルの種類は豊富ですし、サークル活動は気軽で自由度が高いところも魅力ですから、マッチングアプリが向いてない人にとっても気負いせず選択できる手段でしょう。

 

出会い方⑤:SNSでアプローチする

マッチングアプリが向いてない/苦手な人にもおすすめの出会い方5つ目は、SNSでアプローチするです。

マッチングアプリでは個人情報を交換することに拒否感がある人でも、SNSにおける個人情報の公開には抵抗感は低く、ある程度自分の情報を公開している人が多いでしょう。

そしてSNSでは、コメントを送ったりDMを送ることができますよね。

マッチングアプリが向いてない、苦手だと感じる人でも、気になる相手をフォローして、SNSで直接アプローチすることなら手軽にできるのではないでしょうか。

Ryo

インスタやTwitterのDMで知り合って交際が始まったパターンは意外とよく聞きますから、向いてない人も挑戦してみるといいかもしれません。

 

まとめ:マッチングアプリが向いてない/苦手でも大丈夫!

さてマッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴は?おすすめのマッチングアプリ/出会い方もはいかがだったでしょうか?

◆マッチングアプリが向いてない/苦手な人は一定数いる

◆マッチングアプリが向いてない/苦手な人の特徴7選

  • 特徴①:面倒くさがり
  • 特徴②:マメに連絡を取るのが苦手
  • 特徴③:警戒心が強すぎる
  • 特徴④:相手を信じやすい
  • 特徴⑤:顔写真を載せるのに抵抗がある
  • 特徴⑥:複数の人と同時にやりとりするのが苦手
  • 特徴⑦:相手に合わせて行動しがち

◆マッチングアプリが向いてない/苦手な場合の解決策

  • 解決策①:プロフィール文/写真を変えてみる
  • 解決策②:別のアプリを使ってみる
  • 解決策③:スペックを少し盛る
  • 解決策④:とにかく数をこなしてみる
  • 解決策⑤:自分を変える勇気を出す

◆マッチングアプリが向いてない/苦手な人におすすめのマッチングアプリ

  • アプリ①:ペアーズ
  • アプリ②:マリッシュ
  • アプリ③:knew(ニュー)

◆マッチングアプリが向いてない/苦手な人におすすめの出会い方

  • 出会い方①:婚活パーティー/街コン
  • 出会い方②:友達の紹介
  • 出会い方③:結婚相談所
  • 出会い方④:サークルに参加する
  • 出会い方⑤:SNSでアプローチする

Ryo

向いてないなと悟ったあなたは、自分のタイプを理解して、自分に合ったマッチングアプリや出会い方をチョイスしましょう!

マッチングアプリが向いてない/苦手だと感じる人にも、素敵な出会いがあることを祈っています!