【最新版】おすすめのマッチングアプリ25選

【別れる?】女性が彼氏に冷めたときの7つのサイン|冷める理由,別れるべきケースも

彼氏冷めた

Lookstudio – jp.freepik.com によって作成された people 写真

本記事でわかること
  • 女性が彼氏に冷めたときのサインは連絡の取り方に現れる
  • 彼氏に冷めたのは価値観の違いが理由
  • 冷めた彼氏をもう一度好きになるには思っていることを話し合うのがおすすめ
  • 気持ちに寄り添わない冷めた彼氏とは別れるべき
  • 彼氏に「冷めた」と伝えるときは冷静に
  • 逆に彼氏が彼女が冷めたときのサインはそっけない態度に現れる

レン

こんにちは! 恋愛メディア「polaris(ポラリス)」編集部のレンです。

ここでは女性が彼氏に冷めたときのサインについてお話しします。

彼氏とのお付き合いが長くなってくると、愛情が冷めたなと感じることはありませんか?

「冷めた」なんて本当は思いたくはないですが、付き合い始めた頃と明らかに関係性や接し方が変わってきて「もしかして冷めたのかな」と思うことはあります。

アイ

レン

大好き同士で付き合い始めたはずなのに、ずっと付き合っているとさまざまな要因をきっかけに彼氏への愛情が冷めたなと感じる人も多いですよね。

そこでこのページでは、女性が彼氏に冷めたときのサインについて解説します。

あわせて、彼氏に冷めた理由についても紹介します。

この記事を読めば、なぜ付き合い始めた頃と今との関係に変化が訪れたのかがわかり、今後の彼氏との付き合い方を考えるきっかけができますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

目次

女性が彼氏に冷めたときの7つのサイン

「なんだか彼氏に冷めてきたな」と感じてしまう、サインとなるような自分自身の行動ってあるんでしょうか?

アイ

レン

女性が彼氏に冷めたときのサインは以下の7つです。

女性が彼氏に冷めたときのサイン
  • 連絡をとるのがめんどくさい
  • 一緒にいても楽しくない
  • スキンシップをとるのが嫌になる
  • ちょっとした言動や行動が気になる
  • 自分磨きを怠る
  • デートが近場ばかりになる
  • 記念日を忘れてしまう

レン

それでは一つずつ解説していきましょう!

 

サイン①:連絡をとるのがめんどくさい

女性が彼氏に冷めたときの1つ目のサインは、連絡をとるのがめんどくさいです。

冷めたサインとして、メールやLINEの返事が遅くなったり、やり取りの回数が減ったりします。

また仕事の忙しさを言い訳にしたり、家族や友達など彼氏以外の人との連絡が優先になっていると要注意です。

付き合いたての頃はずっと連絡していたかったはずなのに、最近は減っているなと感じた人は彼氏に冷めたサインです。

レン

連絡がくれば返すけれども、自分から連絡することがなくなったという場合も冷めたサインに当てはまります。

 

サイン②:一緒にいても楽しくない

女性が彼氏に冷めたときの2つ目のサインは、一緒にいても楽しくないです。

付き合いたての頃はただ会うだけで、連絡を取るだけで楽しかったのに、その気持ちが薄らぐことがあります。

デート中も楽しくないと感じて別のことを考え始めたり、上の空になっていると注意が必要です。

彼氏に会えることにワクワクとした気持ちがなくなっているなと思ったら、それは彼氏に冷めたサインです。

 

サイン③:スキンシップをとるのが嫌になる

女性が彼氏に冷めたときの3つ目のサインは、スキンシップをとるのが嫌になるです。

彼氏のことが大好きだからこそ触れたいと思ったり、触れられたいと思ってスキンシップをとります。

しかしそんなスキンシップを嫌だ、気持ち悪い、めんどくさい、と感じている人は要注意です。

気持ちの部分と体は通じ合っているので、スキンシップをとるのが嫌だと感じる人は彼氏に冷めたというサインが表れているのです。

レン

ですが「嫌だ」という気持ちを伝えられずに流されてしまい、ストレスを抱えることもあります。

 

サイン④:ちょっとした言動や行動が気になる

女性が彼氏に冷めたときの4つ目のサインは、ちょっとした言動や行動が気になるです。

彼氏のちょっとした言動や行動は大好きなときは気にならず、それすらも好きになってしまいます。

しかしそれらがいちいち気になってしまったり、イライラしてしまったりすると要注意です。

チャームポイントのようで大好きだったはずの部分が嫌だなと感じるのは、彼氏に冷めたというサインです。

レン

逆に彼氏の行動や言動が何も気にならなすぎるのも、冷めたサインです。

 

サイン⑤:自分磨きを怠る

女性が彼氏に冷めたときの5つ目のサインは、自分磨きを怠るです。

付き合いたての頃や付き合う前は、とにかく彼氏に良いように見られたいと思いメイクもおしゃれも頑張ります。

しかし彼氏に冷めるとメイクも服も適当、前日の肌のお手入れもやらなくなってしまいます。

前は自分を磨くことに必死になっていたのに、それがなくなってしまっている人は彼氏に冷めたサインが表れています。

 

サイン⑥:デートが近場ばかりになる

女性が彼氏に冷めたときの6つ目のサインは、デートが近場ばかりになるです。

大好きモード全開の頃は、彼氏と少しでも良い思い出をたくさん作ろうと、たとえちょっと遠くの場所であってもデートに出かけます。

しかし彼氏に冷めていると、会社や最寄駅の近くで済ませたり、外出がめんどうだという理由で自分の家に来てもらうようになります。

最近のデートを振り返ってみて、特別な理由がないのに近場ばかりで済ませてるなと感じたら、彼氏に冷めたサインです。

 

サイン⑦:記念日を忘れてしまう

女性が彼氏に冷めたときの7つ目のサインは、記念日を忘れてしまうです。

彼氏が大好きな間は彼氏の誕生日や付き合った日の記念日は、何があっても忘れずに毎回お祝いしたいと思う人が多いでしょう。

しかしうっかり忘れてしまったり、忘れてもそのフォローをしなくなってしまうのは、彼氏への関心が薄れていることを表しています。

カレンダーを振り返って「あ、この日記念日だったのに」という日が見つかったら、彼氏への気持ちが冷めたサインです。

レン

彼氏への興味や関心が薄れていくのは、無意識のうちに起こるものなのです。

 

彼氏に冷めた7つの理由

彼氏への気持ちが冷めたときのいろんなサインがわかって、少しびっくりした気持ちです。

ではそもそもどうして彼氏に冷めてしまうのか、その理由はなんのでしょうか。

アイ

レン

彼氏に冷めた理由は以下の7つです。

彼氏に冷めた7つの理由
  • 信用できないから
  • 束縛されるから
  • 価値観が違うから
  • 頼りないから
  • 連絡が少ないから
  • 2人の将来を考えられないから
  • 他の人を好きになってしまったから

レン

それでは一つずつ見ていきましょう!

 

理由①:信用できないから

彼氏に冷めた1つ目の理由は、信用できないからです。

約束を守れずだらしない行動ばかりとられていると、どんどん信用できなくなってしまいます。

例えば「もうしない」と言いつつ何度も浮気を繰り返したり、デートをドタキャンしたり、またお金の使い方がだらしなかったりすることも当てはまります。

注意をして改善されればまだ良いですが、改善する姿勢が見られなければどんどん彼氏に対して冷めた感情を抱いてしまいます。

 

理由②:束縛されるから

彼氏に冷めた2つ目の理由は、束縛されるからです。

軽いヤキモチなら逆にうれしく感じて許せるものも、度が過ぎたり、長く続くとうっとうしくなってきます。

少し連絡が途絶えただけで「どこにいたの?」「何してるの?」としつこく聞いたり、浮気を疑われたりするとうんざりする気持ちがどんどん積み重なります。

「自分のことを信用していないんだな」と感じることで、彼氏への気持ちが冷めた状態になってしまうのです。

レン

彼氏自身は信用してないというわけじゃないと思っていたとしても、しつこく聞かれる時点で女性側にとってはストレスに感じてしまいます。

 

理由③:価値観が違うから

彼氏に冷めた3つ目の理由は、価値観が違うからです。

自分の中で「これだけは」と思う譲れない価値観の部分でズレが生じてしまうと、徐々に彼氏への気持ちは冷めてしまいます。

金銭感覚や、人への接し方、愛情表現の仕方など、多少の違いはあっても大きく価値観が違うようであればそれが不満にもつながってしまいます。

2人の将来にとっても大切な価値観は、彼氏に冷めたかどうかを見極めるのに重要なポイントです。

 

理由④:頼りないから

彼氏に冷めた4つ目の理由は、頼りないからです。

決断力がなく、なんでも女性に任せてばかりいると、これから長く一緒に過ごしていくことにも不安を覚えてしまいます。

「どっちでもいいよ」「好きなようにしなよ」という言葉は、一見女性を気遣った優しい言葉のようですが、実は単なる優柔不断である可能性も大いにあります。

これからの2人の将来を考える意味でも、頼りないのは彼氏へ冷めた感情を抱く理由の一つになってしまうのです。

レン

一度頼った後に結果はどうであっても褒めてみると、彼氏が変わるきっかけになるかもしれませんよ。

 

理由⑤:連絡が少ないから

彼氏に冷めた5つ目の理由は、連絡が少ないからです。

メールやLINEの返信が遅くなったり、連絡そのものがあまりこないと気持ちはどんどん冷めていきます。

返信は遅いのにSNSは更新している、ゲームにはログインしているということがわかると「私のことはどうでもいいのかな」と感じてしまいます。

女性にとって自分のことを大切にしてくれていないと感じる行動は、彼氏への気持ちが冷めたと感じてしまう大きな要因になります。

 

理由⑥:2人の将来を考えられないから

彼氏に冷めた6つ目の理由は、2人の将来を考えられないからです。

これから同じ未来を歩む上で、彼氏に何かしらの不安要素があると将来を考えられず、気持ちが冷めていきます。

借金があったり、定職についていなかったり、いつまでたっても結婚の話が出なかったりなどがあると、女性としてはどんどん不安が募ります。

将来への不安こそが、彼氏へ冷めた感情を抱いてしまう原因になるのです。

レン

彼氏との将来の不安があるときは、家族や友達などに相談するのがおすすめです。

 

理由⑦:他の人を好きになってしまったから

彼氏に冷めた7つ目の理由は、他の人を好きになってしまったからです。

浮気とまではいかなくても、彼氏ではない他の人を好きになってしまうと徐々にそちらに気持ちが引き込まれてしまいます。

このような場合はきっかけ次第で浮気につながる可能性もあるので、注意が必要です。

彼氏に悪いところは見られないのに「冷めた」と感じるときは、他の人に気持ちが向いていないか自分の胸に聞いてみましょう。

 

\経験豊富なアドバイザーが担当!/

>>恋愛の悩みを解決するには<<

冷めた彼氏をもう一度好きになる方法

もし彼氏に「冷めたな」と思ってしまっても、なんとかしてもう一度「好きだ」という感情を取り戻したいときは、どうすればいいのでしょうか?

アイ

レン

冷めた彼氏をもう一度好きになる方法は以下の5つです。

冷めた彼氏をもう一度好きになる方法
  • 思っていることを話し合う
  • 付き合い始めた頃のことを思い出す
  • いつもと違うようなデートをする
  • 楽しかった思い出を思い出す
  • 距離をおく

レン

それでは一つずつ解説していきましょう!

 

方法①:思っていることを話し合う

冷めた彼氏をもう一度好きになる1つ目の方法は、思っていることを話し合うです。

思っていることを話し合うことで、今後どうすればいいのかといった問題の解決策が見えます。

不満に思っていること、こうしてほしいと思っていること、これからどうしたいと思っているか、それら全てをお互いに素直に話してみましょう。

彼氏に冷めたときは話し合いの結果がどうなろうとも、話し合わないよりはお互いに納得の結果が生まれます。

レン

話し合いは、自分自身のダメなところに気付くきっかけにもなります。

 

方法②:付き合い始めた頃のことを思い出す

冷めた彼氏をもう一度好きになる2つ目の方法は、付き合い始めた頃のことを思い出すです。

付き合い始めた頃のことを思い出し、初心に帰れば、彼氏の好きだった部分を再び思い出すきっかけになります。

一緒にいる時間が長くなるとどうしてもお互いに「慣れ」が生まれ、お互いの存在を「当たり前」に思ってしまいます。

彼氏に冷めたときは初心を思い出し、彼氏の嫌な部分から好きな部分に目を向けてみましょう。

 

方法③:いつもと違うようなデートをする

冷めた彼氏をもう一度好きになる3つ目の方法は、いつもと違うようなデートをするです。

デートする場所が近場ばかりになったり、いつも同じところだとマンネリ化して気持ちが冷める原因にもつながります。

あえていつもは行かない場所へ出かけたり、2人で今までやったことのないような体験をしたりすると、これまで知らなかった彼氏のステキな一面に気付くこともあります。

彼氏に冷めたときはいつもとは違うデートで、2人の間に新鮮な空気を取り込むようにしましょう。

レン

新鮮さを感じたいなら、思い切って旅行に行くことをおすすめします!

 

方法④:楽しかった思い出を思い出す

冷めた彼氏をもう一度好きになる4つ目の方法は、楽しかった思い出を思い出すです。

楽しかった思い出は、2人が幸せに過ごしていた時間を思い出させてくれます。

そのときに撮った写真を見返したり、準備をするやり取りを見返してみたり、それだけで楽しかった感情がよみがえります。

彼氏に冷めたときは、楽しかった思い出に触れて当時の温かな気持ちを思い出しましょう。

 

方法⑤:距離をおく

冷めた彼氏をもう一度好きになる5つ目の方法は、距離をおくです。

冷めた感情のままずっとそばにいると、不満ばかりがどんどん溜まって悪影響になることがあります。

修復不可能になるのを防ぐためにも、思い切って距離をとって一度冷静になればお互いの大切さに気付きやすくなります。

彼氏に冷めたときは、手遅れになる前に一旦距離をおいて自分の気持ちを見つめ直してみましょう。

レン

一時的に冷めたと思っているだけの場合もあるので、自分を冷静に見つめ直すためにも距離をおくのは良い方法です。

 

【どうしよう…?】冷めた彼氏と別れるべきケース

紹介された方法を使ってなんとか彼氏と冷めた関係を改善させたいとは思っても、難しいこともありますよね。

もう別れるしかない、別れるべきケースってあるのでしょうか?

アイ

レン

冷めた彼氏と別れるべきケースは以下の5つです。

【どうしよう…?】冷めた彼氏と別れるべきケース
  • 気持ちに寄り添ってくれない
  • 女性の体を気遣わない
  • お金を出そうとしない
  • 会話には否定から入る
  • 好きではなくなった

レン

それでは一つずつ紹介しましょう!

 

ケース①:気持ちに寄り添ってくれない

冷めた彼氏と別れるべき1つ目のケースは、気持ちに寄り添ってくれないです。

悩みを抱えていたり、落ち込んでいるときにその気持ちをほぐしてくれたり、寄り添ってくれない彼氏とは別れるのがおすすめです。

「大したことではないから大丈夫だよ」という言葉も、一見すると励ましてくれているように聞こえますが、これも相手の気持ちに寄り添えないタイプの人の1パターンと言えます。

冷めた彼氏とは別れて、しんどいときこそ真正面から支えてくれる、本当の意味で優しい人を見つけましょう。

 

ケース②:女性の体を気遣わない

冷めた彼氏と別れるべき2つ目のケースは、女性の体を気遣わないです。

彼氏に限ったことではありませんが、人の体調に気を遣えない相手とは別れるべきです。

体調が悪いのに無理にデートに誘ったり、スキンシップを強要したり、自分勝手な態度をとる彼氏とずっと一緒にはいられません。

自分がつらいときにどんな態度を見せるかで、冷めた彼氏と別れるかどうか見極めましょう。

レン

女性の体調は気遣えないのに、自分の体調が悪いときには大騒ぎをする人は問答無用で別れましょう。

 

ケース③:お金を出そうとしない

冷めた彼氏と別れるべき3つ目のケースは、お金を出そうとしないです。

お金を出さないケチな男性はサービス精神がなく、付き合いが長くなってくると彼女に対してお金や手間すらもかけなくなることがあります。

デートのお金を毎回全て彼氏が払う必要はありませんが、毎回全くもってお金を出す意思すら見られない彼氏は問題です。

お金が絡むことは2人の将来にも影響するので、ケチを理由に冷めた彼氏とは別れるのがベストです。

 

ケース④:会話には否定から入る

冷めた彼氏と別れるべき4つ目のケースは、会話には否定から入るです。

女性の話には否定で返し、自分の意見ばかり通すような彼氏とこれからずっと同じ人生を過ごすのはつらくなるだけです。

このような男性はプライドが高かったり、学歴や金銭面で高い位置にいて、自己中になっていまいがちなところがあります。

結婚すれば2人で協力して家庭を築いていくはずなのに、女性の意見を全く聞き入れないような冷めた彼氏とは別れるのが正解です。

レン

彼氏に対して女性が何か言い返したり、意見をすると攻撃的になってくる人もいるので注意しましょう。

 

ケース⑤:好きではなくなった

冷めた彼氏と別れるべき5つ目のケースは、好きではなくなったです。

恋愛感情がなくなった相手とこれからも付き合っていくのは、お互いにとって良くありません。

好きな気持ちそのものを取り戻すのは難しく、話し合いをして解決するものでもありません。

冷めた彼氏に対して「諦め」の気持ちが湧いているのなら、別れてしまった方がお互いのためです。

 

\経験豊富なアドバイザーが担当!/

>>恋愛の悩みを解決するには<<

彼氏に「冷めた」と伝えるときのポイント

関係を修復させるにしても、別れを選ぶにしても、彼氏にはっきり「冷めた」ということを伝えた方が良いですよね。

なかなか言葉にするのが難しいことですが、何か伝える際のポイントはあるのでしょうか?

アイ

レン

彼氏に「冷めた」と伝えるときのポイントは以下の3つです。

彼氏に「冷めた」と伝えるときのポイント
  • 冷静に話をする
  • 自分にも悪いところがないか振り返っておく
  • 相手を傷つけてしまうことをわかっておく

レン

それでは一つずつ解説しましょう!

 

ポイント①:冷静に話をする

彼氏に「冷めた」と伝えるときの1つ目のポイントは、冷静に話をするです。

女性はつい感情的になってしまうところがありますが、それでは話し合いにならず、彼氏を苛立たせてもめてしまうこともあります。

心を落ち着かせて冷静に今の気持ち、これからどうしていきたいかを話し合いましょう。

そうすれば気持ちが冷めた彼氏との今後について、答えを出しやすくなります。

レン

もし気持ちが高ぶって感情的になりそうな場合は、一旦落ち着いて深呼吸をしてからまた話し始めましょう。

 

ポイント②:自分にも悪いところがないか振り返っておく

彼氏に「冷めた」と伝えるときの2つ目のポイントは、自分にも悪いところがないか振り返っておくです。

自分の言動や行動が、結果的に彼氏に冷めた今の現状を作り出している場合もあります。

彼氏ばかりに悪いところを押し付けるのではなく、自分の反省点もしっかり受け止めた上で話をすればお互いに「ごめんなさい」ができ、関係を修復できる可能性も高くなります。

自分が反省することなく冷めた彼氏ばかりを責めていては、次にまた別の人とお付き合いをしても同じ状況を繰り返してしまいます。

 

ポイント③:相手を傷つけてしまうことをわかっておく

彼氏に「冷めた」と伝えるときの3つ目のポイントは、相手を傷つけてしまうことをわかっておくです。

彼氏側にまだ愛情がたっぷりある場合は特に、彼女から「冷めた」と伝えられるととてもつらい思いと不安を抱えます。

「冷めた」と言われて傷つかない、なんとも思わないなんて人はいません。

たとえ冷めた彼氏であっても酷なことを言うのだと自覚して、言葉を選んで伝えるようにしましょう。

レン

関係を修復させたいからこそ伝える思いでも、伝え方を間違えては修復不可能になってしまうこともあります。

 

【逆に?】彼氏が彼女に冷めたときのサイン

ここまでは女性が彼氏に冷めたときのことを紹介されましたが、逆に彼氏が彼女に冷めてしまったときも女性と同じように何かサインを出しているのでしょうか?

アイ

レン

彼氏が彼女に冷めたときのサインは以下の5つです。

【逆に?】彼氏が彼女に冷めたときのサイン
  • 連絡が適当になる
  • そっけない態度をとる
  • デートの時間が短い
  • 会話が続かない
  • 記念日を適当にされる

レン

では一つずつ見ていきましょう!

 

サイン①:連絡が適当になる

彼氏が彼女に冷めたときの1つ目のサインは、連絡が適当になるです。

女性と同じように、男性も連絡の頻度や内容で彼女に冷めたかどうかがわかります。

返信は「うん」「そっか」といった短文だったり、LINEの場合スタンプだけで返されたり、既読・未読スルーをする場合もあります。

これまでマメに連絡をとってくれていた彼氏が連絡を適当にするようになったら、それは彼女に冷めたサインです。

 

サイン②:そっけない態度をとる

彼氏が彼女に冷めたときの2つ目のサインは、そっけない態度をとるです。

メールやLINE上だけでなく、実際に会っていても彼女の話にそっけない反応を返すのは冷めたサインです。

また話しているのはずっと彼女ばかりで、自分からは一切言葉を発しようとしないこともあります。

このように常にそっけない態度をとる彼氏は、彼女に興味を失った結果、冷めた状態になっています。

レン

彼女にとっては「何を考えているのかわからない」という状況から、彼氏は自然消滅で別れることを狙っている可能性もあります。

 

サイン③:デートの時間が短い

彼氏が彼女に冷めたときの3つ目のサインは、デートの時間が短いです。

デートを早く切り上げて帰ろうとする素振りを見せたり、デートの回数そのものが減るのは彼女に冷めたサインです。

彼氏の心の中では「早く帰りたいな」「友達と遊びたいな」と考えていることも多く、デートの内容も適当になっていきます。

冷めた彼女に対してはデートで喜ばせたいという気持ちもなくなり、お金をかけることも少なくなります。

 

サイン④:会話が続かない

彼氏が彼女に冷めたときの4つ目のサインは、会話が続かないです。

会話が続かない、反応が悪い、返事もそっけないといった行動は彼女に冷めたサインです。

付き合いたての頃に恥ずかしくてなかなか会話できないのとは違い、彼女に冷めているとただただ無言になってしまいます。

彼女と話をすること、彼女の話すことにになんら興味を示さないような態度は、彼女に冷めたからこその態度です。

彼氏が何も言わないことに対して「話聞いてるの?」などと問いただすと、その場から離れてしまうこともあります。

 

サイン⑤:記念日を適当にされる

彼氏が彼女に冷めたときの5つ目のサインは、記念日を適当にされるです。

彼女の誕生日や2人の大切な記念日を適当にするのは、お金や時間がもったいないと考えている傾向にあります。

大好きな間は張り切ってプレゼントを用意していたのに、安物で簡単にすませてしまったりします。

プレゼントの内容や記念日に対する態度を見て、彼女に冷めたかを見極めましょう。

 

\経験豊富なアドバイザーが担当!/

>>恋愛の悩みを解決するには<<

まとめ:彼氏に冷めた時はお互いに思っていることを素直に話そう!

さて【別れる?】女性が彼氏に冷めたときのサイン|7つの理由もはいかがだったでしょうか。

本記事まとめ

◆女性が彼氏に冷めたときのサイン

  • サイン①:連絡をとるのがめんどくさい
  • サイン②:一緒にいても楽しくない
  • サイン③:スキンシップをとるのが嫌になる
  • サイン④:ちょっとした言動や行動が気になる
  • サイン⑤:自分磨きを怠る
  • サイン⑥:デートが近場ばかりになる
  • サイン⑦:記念日を忘れてしまう

◆彼氏に冷めた7つの理由

  • 理由①:信用できないから
  • 理由②:束縛されるから
  • 理由③:価値観が違うから
  • 理由④:頼りないから
  • 理由⑤:連絡が少ないから
  • 理由⑥:2人の将来を考えられないから
  • 理由⑦:他の人を好きになってしまったから

◆冷めた彼氏をもう一度好きになる方法

  • 方法①:思っていることを話し合う
  • 方法②:付き合い始めた頃のことを思い出す
  • 方法③:いつもと違うようなデートをする
  • 方法④:楽しかった思い出を思い出す
  • 方法⑤:距離をおく

◆【どうしよう…?】冷めた彼氏と別れるべきケース

  • ケース①:気持ちに寄り添ってくれない
  • ケース②:女性の体を気遣わない
  • ケース③:お金を出そうとしない
  • ケース④:会話には否定から入る
  • ケース⑤:好きではなくなった

◆彼氏に「冷めた」と伝えるときのポイント

  • ポイント①:冷静に話をする
  • ポイント②:自分にも悪いところがないか振り返っておく
  • ポイント③:相手を傷つけてしまうことをわかっておく

◆【逆に?】彼氏が彼女に冷めたときのサイン

  • サイン①:連絡が適当になる
  • サイン②:そっけない態度をとる
  • サイン③:デートの時間が短い
  • サイン④:会話が続かない
  • サイン⑤:記念日を適当にされる

レン

彼氏と長く付き合えば付き合うほど「冷めた」といったような、つらい時期に直面することも多くなります。

もしそんな時期がきてもお互いに相手を思いやる気持ちがあるなら、素直に今思っていることを話し合いましょう!