【最新版】おすすめのマッチングアプリ25選

女優・南沙良が映画主演 大西流星、玉木宏らと共演

映画『この子は邪悪』の主人公を南沙良が演じることが決定した。



共演には名俳優が揃う

映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(以下、TCP)」の、2017年準グランプリ Green Funding賞受賞企画『ザ・ドールハウス・ファミリー』が、『この子は邪悪』という作品名として、主人公に南沙良を迎え、2022年、劇場公開されることが決定した。

共演には、昨年CDデビューを果たし、俳優としても活躍の場を広げる大西流星(なにわ男子)、ドラマ『真犯人フラグ』での怪演が話題の桜井ユキ、『映画 極主夫道』やドラマ「桜の塔」、大河ドラマ「青天を衝け」など幅広い役柄を演じている玉木宏が顔を揃えた。

『この子は邪悪』ストーリー

心理療法室院長・窪司朗の娘である花はかつて一家で交通事故に遭い、司朗は足に後遺症が残り、母は植物状態に、妹は顔に重度の火傷を負った。その事故で心に深い傷を抱えていた花のもとに、母の心神喪失の原因を探る高校生・四井純が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は違和感を覚える。「この人、お母さんじゃないー」。

南沙良(主演:窪花役)コメント

過去に辛い経験があり暗いものを抱えている難しい役でしたが、とてもあたたかい現場でリラックスしてお芝居をすることが出来ました。初めて共演させていただいた大西さんは、お芝居の合間に台本を確認していたりとても真面目な印象が残っています。今回、初めて挑戦させていただくテイストの作品だったので少し緊張していましたが、監督とお話を重ねながら丁寧にお芝居をさせていただきました。お芝居をしているなかで、この物語の不思議な世界観に、私自身引き込まれる瞬間が何度かありました。家族の形というものが複雑化していく中で、「愛」の形を考えることのできる作品だと思いますので、皆様是非ご覧ください。