【最新版】おすすめのマッチングアプリ25選

2021年テレビ番組出演本数ランキングが発表 総合1位に輝いたのは…?

2021年の番組出演本数ランキングが発表され、芸人部門・総合1位にバナナマンの設楽統が輝いた。



今回は上位20人のうち9人が初ランクイン。2019年の「Mー1グランプリ」ファイナリスト、「かまいたち」と「ぺこぱ」はファイナリストとして幅広く出演した2020年で爪痕を残し、2021年はしっかり定着した。

昨年と今年を比べ、出演番組の増加数を比較したブレイクタレントは、290番組増の「マヂカルラブリー」と「おいでやすこが」。再ブレイクで話題の「もう中学生」も昨年から121番組増加しました。

2021年テレビ番組出演本数総合ランキング

1位 設楽統(バナナマン):530番組
2位 川島明(麒麟):486番組(*ランク入初)
3位 博多大吉(博多華丸・大吉):478番組
4位 小峠英二(バイきんぐ):440番組
5位 春日俊彰(オードリー):433番組
6位 国分太一(TOKIO):426番組
7位 フワちゃん:424番組(*ランク入初)
8位 池田美優:420番組(*ランク入初)
9位 長田庄平(チョコレートプラネット):419番組(*ランク入初)
9位 松尾駿(チョコレートプラネット):419番組(*ランク入初)
11位 若林正恭(オードリー):417番組
12位 林修:416番組
13位 岡田圭右(ますだおかだ):398番組
14位 山内健司(かまいたち):395番組(*ランク入初)
15位 濱家隆一(かまいたち):394番組(*ランク入初)
16位 加藤浩次(極楽とんぼ):384番組
17位 新井恵理那:379番組
18位 松陰寺太勇(ぺこぱ):372番組(*ランク入初)
19位 シュウペイ(ぺこぱ):370番組(*ランク入初)
20位 澤部佑(ハライチ):365番組

2021年テレビ番組出演本数・ブレイクタレント

1位 マヂカルラブリー 増加数:290
1位 おいでやすこが 増加数:290 ※ユニット名としての算出
3位 ニューヨーク 増加数:243
4位 見取り図 増加数:197
5位 ヒコロヒー 増加数:192
6位 錦鯉 増加数:175
7位 ラランド 増加数:174
8位 ぼる塾 増加数:128
9位 井上咲楽 増加数:126
10位 もう中学生 増加数:121

2021年テレビ番組出演本数・俳優部門ランキング

1位 清原果耶:136番組
2位 杉咲花:131番組
3位 坂口健太郎:124番組
4位 成田凌:119番組
5位 西島秀俊:111番組

2021年テレビ番組出演本数・お笑い芸人部門ランキング

1位 設楽統(バナナマン):530番組
2位 川島明(麒麟):486番組
3位 博多大吉(博多華丸・大吉):478番組
4位 小峠英二(バイきんぐ):440番組
5位 春日俊彰(オードリー):433番組

2021年テレビ番組出演本数・タレント部門ランキング

1位 国分太一:426番組
2位 フワちゃん:424番組
3位 池田美優:420番組
4位 林修:416番組
5位 新井恵理那:379番組